岡田 伊策/おかだ いさく/ Isaac OKADA 

  • 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 産業環境学分野(主席共同研究員)

- Executive Collaborative Researcher, Industrial Information Systems and Environment Laboratory, Department of Human and Engineered Environmental Studies, Graduate School of Frontier Sciences, THE UNIVERSITY OF TOKYO

(兼)

  • 富士通株式会社
 グローバルサービスインテグレーション部門
  デジタルフロントビジネスグループ  デジタルフロントビジネス事業本部
   エグゼクティブエンジニア
   Executive Engineer, Digital Transformation Business Unit, FUJITSU LIMITED

(兼)

 グローバルサービスインテグレーション部門
  グローバルデリバリーグループ  サービステクノロジー本部 
   先端技術統括部
    Executive Engineer, Advanced Technology Div., Service Technology Unit, FUJITSU LIMITED

logo 

 略歴

  • 1984年 4月 富士通株式会社 入社
  • 2011年 4月 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 産業環境学分野 共同研究員
  • 2013年10月 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 博士課程後期
  • 2014年 4月 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 産業環境学分野 主席共同研究員(現在に至る)

 研究活動

<Research Interests>

  • System Dynamics
  • Artificial Intelligence (Machine Learning)
  • Natural Language Processing
  • Knowledge Management Technologies
  • Semantic Technologies
  • Metadata for Business

論文

  • Isaac Okada, Minoru Saito, Yoshiaki Oida, Hiroyuki Yamato, Kazuo Hiekata, Satoru Nakamura and Naoto Fukada: "Technique for searching tabular form documents using metadata harvested by table structure analysis". Artificial Intelligence Research. Vol 3, No 1 (2014). Sciedu Press. ISSN 1927-6974 (Print). ISSN 1927-6982 (Online)

http://www.sciedu.ca/journal/index.php/air/article/view/3159/2348

  • 満行 泰河, 大和 裕幸, 稗方 和夫, モーザー ブライアン, 磯沼 大, 岡田 伊策, 笈田 佳彰: 「システム開発プロジェクトにおける手戻りリスクを考慮したタスク優先ルール設計に関する研究」"A study on designing task priority rule considering rework risk of system development project". 日本機械学会論文集: 論文ID: 15-00474.

早期公開日: 2016/03/04. 受付日: 2015/08/29

DOI: http://doi.org/10.1299/transjsme.15-00474

http://www.jstage.jst.go.jp/article/transjsme/advpub/0/advpub_15-00474/_pdf

国際学会講演論文

  • Isaac OKADA, Minoru SAITO, Yoshiaki OIDA, Hiroyuki YAMATO, Kazuo HIEKATA and Shinya MIURA: "Development of the method for the appropriate selection of the successor by applying metadata to the standardization reports and members". JIST2012: The 2nd Joint International Semantic Technology Conference. Dec.4.2012

http://link.springer.com/chapter/10.1007/978-3-642-37996-3_17

  • Yoshiaki Oida, Kazuo Hiekata, Taiga Mitsuyuki, Hiroki Kamba, Issac Okada. "Development of Presentation Slide Retrieval System Based on Visual Information", Proc. of the 24th ISPE International Conference on Transdisciplinary Engineering (TE2017), Vol.5, pp.639-646, 2017.

http://ebooks.iospress.com/volumearticle/46753

  • Yuchang Cheng, Masaru Fuji, Tomoki Nagase, Minoru Uegaki and Isaac Okada: "Detecting the Untranslatable Colloquial Expressions of Japanese Verbs in Cross-Language Instant Messaging". The 28th Pacific Asia Conference on Language, Information and Computing. Dec.13.2014

http://www.arts.chula.ac.th/~ling/paclic28/program/pdf/532.pdf

国内学会講演論文

  • 中村 覚, 大和 裕幸, 稗方 和夫, 満行 泰河, 岡田 伊策, 齋藤 稔, 笈田 佳彰: 「情報検索タスクのモデル化を目的としたタスクオントロジー構築手法の提案」." Proposal of a Method to Build Task Ontology for Modeling of Search Tasks – A Case Study on Design Knowledge Management in Information System Development". 2016年度人工知能学会全国大会(第30回) JSAI2016 (The 30th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2016). 2016年6月6日.

https://kaigi.org/jsai/webprogram/2016/pdf/186.pdf

  • 片江 伸之,鄭 育昌,長瀬 友樹,出内 将夫,岡田 伊策:「インスタントメッセージ会話文翻訳における主語補完による翻訳品質の改良」.言語処理学会第22回年次大会ワークショップ. 2016年3月11日

http://www.anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2016/workshop1/pdf/ws9.pdf

  • 鄭 育昌, 長瀬 友樹、笈田 佳彰、岡田 伊策:「SE作業工程における設計用語の入力支援」.言語処理学会第22回年次大会ワークショップ. 2016年3月11日.

http://www.anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2016/workshop1/pdf/ws6.pdf

  • 福田 貴三郎,村瀬 健太郎,松本 滋,笈田 佳彰,岡田 伊策:「設計情報の可視化によるシステム改修における作業全貌の把握作業支援システムの提案」.人工知能学会第27回知識・技術・技能の伝承支援研究会(SIG-KST). 2016年3月4日

http://www.sigkst.org/data/default/C2E83237B2F3B8A6B5E6B2F1/SIG-KST-027-03.pdf

  • 岡田 伊策,齋藤稔,笈田佳彰,稗方和夫,中村覚:「ソフトウェア要求仕様書分析と対応する既存仕様回答パラグラフ自動抽出システムの開発」.人工知能学会第26回知識・技術・技能の伝承支援研究会(SIG-KST). 2015年11月13日

http://hdl.handle.net/2261/59073

  • 深尾 浩,岡田 伊策,阿部 雅昭,笈田 佳彰,齋藤 稔,稗方 和夫:「情報探索者の探索行動分析に基づく情報探索効率化のためのメタデータ体系化技法の開発」.人工知能学会第26回知識・技術・技能の伝承支援研究会(SIG-KST). 2015年11月13日.

http://hdl.handle.net/2261/59074

  • 笈田 佳彰,齋藤 稔,岡田 伊策,稗方 和夫,中村 覚:「標準プロセス体系を基にした手戻り作業削減手法開発のための一考察」.人工知能学会第26回知識・技術・技能の伝承支援研究会(SIG-KST). 2015年11月13日

http://www.sigkst.org/index.php?site_id=&page=%C2%E826%B2%F3%B8%A6%B5%E6%B2%F1

  • 中村 覚, 大和 裕幸, 稗方 和夫, 岡田 伊策, 齋藤 稔, 笈田 佳彰: 「ドメイン知識の記述支援と活用のためのデジタル資産管理システム基盤「KASHIWADE」の開発 : 情報システム開発における設計書・設計知識への適用」." Development of the platform system for Digital Asset Management with Domain Knowledge : A Case Study on Design Documents and Knowledge in Information System Development". 2015年度人工知能学会全国大会(第29回) JSAI2015 (The 29th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2015). 2015年5月31日.

http://hdl.handle.net/2261/58513

  • 鄭 育昌, 長瀬 友樹、上柿 稔、岡田 伊策:「多言語リアルタイム会話における日本語動詞語尾崩れの検出」.言語処理学会第21回年次大会. 2015年3月17日.

http://www.anlp.jp/proceedings/annual_meeting/2015/pdf_dir/P3-10.pdf

  • 中村 覚, 稗方 和夫, 岡田 伊策, 齋藤 稔, 笈田 佳彰, 増田 幸司, 阿部 雅昭, 堀口 隆三:「顧客要件に合致するパッケージシステムのノウハウ事例抽出支援システムの開発」. 人工知能学会第23回知識・技術・技能の伝承支援研究会 (SIG-KST). SIG-KST-2014-02-01(2014-11-21).2014年11月21日

http://hdl.handle.net/2261/56369

  • 稗方 和夫, 大和 裕幸, 深田 直人, 中村 覚, 岡田 伊策, 齋藤 稔, 笈田 佳彰, 渡辺 郁雄, 松本 滋:「システムの仕様変更調査における設計情報を用いた影響分析システムの開発」. 日本機械学会第24回設計工学・システム部門講演会, 2014年9月17日

http://hdl.handle.net/2261/56330

  • 齋藤 稔, 岡田 伊策, 笈田 佳彰, 渡辺 郁雄, 松本 滋, 稗方 和夫:「設計品質向上のための既存設計ドキュメント活用方法の提案」. 人工知能学会第21回知識・技術・技能の伝承支援研究会 (SIG-KST). SIG-KST-2013-03-01(2014-03-05).2014年3月5日

http://hdl.handle.net/2261/56103

  • 山本 達也, 池田 弘, 松岡 英俊, 岡田 伊策, 齋藤 稔, 笈田 佳彰:「ビジネスコンテキストを用いた類似ユーザ分類の一考察」. 第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(第12回日本データベース学会年次大会). 2014年3月3日

http://db-event.jpn.org/deim2014/final/proceedings/F3-6.pdf

  • 笈田 佳彰, 岡田 伊策, 齋藤 稔, 田邊 誠一郎, 彭 聨凱, 小峰 正美, 稗方 和夫:「既存プログラム関連資産共有のための機械学習の活用」. 人工知能学会第19回知識・技術・技能の伝承支援研究会 (SIG-KST). SIG-KST-2013-01-01(2013-07-31).2013年7月31日

http://hdl.handle.net/2261/55519

  • 岡田 伊策, 齋藤 稔, 松岡 伸治, 笈田 佳彰, 大和 裕幸, 稗方 和夫: 「プロジェクト提案のための文書情報管理システムの開発と実用化」 "DEVELOPMENT AND PRACTICAL REALIZATION OF DOCUMENT AND INFORMATION MANAGEMENT SYSTEM FOR PROJECT PROPOSALS ". 1E3-3, 2013年度人工知能学会全国大会(第27回) JSAI2013 (THE 27TH ANNUAL CONFERENCE OF THE JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL INTELLIGENCE, 2013). 2013年6月

http://hdl.handle.net/2261/55517

  • 稗方 和夫, 大和 裕幸, 中村 覚, 岡田 伊策, 齋藤 稔, 安藤 峻:「インシデントレポートの自動分類とその分析環境の構築と評価」" LABELING OF INCIDENT REPORTS AND DEVELOPMENT AND EVALUATION OF ANALYSIS ENVIRONMENTS ". 1D5-3, 2013年度人工知能学会全国大会(第27回) JSAI2013 (THE 27TH ANNUAL CONFERENCE OF THE JAPANESE SOCIETY FOR ARTIFICIAL INTELLIGENCE, 2013). 2013年6月

http://hdl.handle.net/2261/55518

  • 岡田 伊策, 齋藤 稔, 松岡 伸治, 笈田 佳彰, 大和 裕幸, 稗方 和夫:「プロジェクト提案のための文書情報管理システムの開発と実証」. 人工知能学会第18回知識・技術・技能の伝承支援研究会(SIG-KST). 2013年3月4日.

http://hdl.handle.net/2261/53452

  • 稗方 和夫, 大和 裕幸, 中村 覚, 岡田 伊策, 齋藤 稔, 安藤 峻:「インシデントレポートの自動分類とその分析環境の構築」. 人工知能学会第18回知識・技術・技能の伝承支援研究会(SIG-KST). 2013年3月4日.

http://hdl.handle.net/2261/53655

  • 岡田 伊策, 齋藤 稔, 笈田 佳彰, 大和 裕幸, 稗方 和夫: 「複数の年次報告書の差分自動検出による各年報告のトピックメタデータ提示システムの開発」. 人工知能学会第17回知識・技術・技能の伝承支援研究会(SIG-KST). 2012年11月16日.

http://hdl.handle.net/2261/52612

  • 岡田 伊策, 齋藤 稔, 大和 裕幸, 稗方 和夫, 三浦 慎也: 「表構造解析とキーワード抽出で付与したメタデータを複合的に用いた表形式文書検索システムの開発」.人工知能学会第16回知識・技術・技能の伝承支援研究会(SIG-KST). 2012年7月25日.

http://hdl.handle.net/2261/52153

  • 稗方 和夫, 大和 裕幸, 笈田 佳彰, 岡田 伊策, 齋藤 稔: 「プロジェクト提案のための文書情報管理システムの開発」. "Development of Document and Information Management System for Project Proposal". 2012年度人工知能学会全国大会(第26回) JSAI2012 (The 26th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2012). 2012年6月14日

http://hdl.handle.net/2261/52154

  • 岡田 伊策, 齋藤 稔, 大和 裕幸, 稗方 和夫, 笈田 佳彰, 三浦 慎也: 「標準化活動者へのメタデータ付与による活動の見える化と合理的な後任候補者選定」." Appropriate selection of a successor by visualization of the relationship by applying meta-data to the standardization activities and members". 2012年度人工知能学会全国大会(第26回) JSAI2012 (The 26th Annual Conference of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2012). 2012年6月14日.

http://hdl.handle.net/2261/52155

  • 稗方 和夫, 大和 裕幸, 笈田 佳彰, 岡田 伊策, 齋藤 稔: 「プレゼンテーション作成支援システムの開発」."Development of Presentation Creation Support System". 人工知能学会第15回知識・技術・技能の伝承支援研究会(SIG-KST). 2012年3月1日.

http://hdl.handle.net/2261/52152

 その他

  • 人工知能学会員(The Japanese Society for Artificial Intelligence: JSAI)

http://www.ai-gakkai.or.jp/jsai/

http://www.ai-gakkai.or.jp/en

  • 情報処理学会員(Information Processing Society of Japan : IPSJ)

https://www.ipsj.or.jp/

http://www.ipsj.or.jp/english/index.html

  • 言語処理学会員(The Association for Natural Language Processing: ANLP)

http://www.anlp.jp/index.html

http://www.anlp.jp/en/index.html

  • 電子情報通信学会員(The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers: IEICE)

https://www.ieice.org/jpn/index.html

http://www.ieice.org/eng/index.html

  • A member of The System Dynamics Society

http://www.systemdynamics.org/

  • システム・ダイナミックス学会日本支部会員(The Japan Chapter of the System Dynamics Society: JSD)

http://j-s-d.jp/web/category/home/

http://j-s-d.jp/en/

  • 人工知能学会第二種研究会 SIG-KST:知識・技術・技能の伝承支援研究会員

http://www.sigkst.org/

  • 地球惑星科学連合会員(Japan Geoscience Union: JpGU)

http://www.jpgu.org/

http://www.jpgu.org/index-e/

  • 経営情報学会員(The Japan Society for Management Information: JASMIN)

http://www.jasmin.jp/index.html

http://www.jasmin.jp/index_e.html

  • ISO/IEC JTC 1/SC 32/WG 2 (Metadata Standerds) Japan Body 委員(前幹事:Former Secretary-Lead)

http://metadata-standards.org

  • ITIL V2 Manager, ITIL V3 Expert

http://ja.wikipedia.org/wiki/Information_Technology_Infrastructure_Library

http://en.wikipedia.org/wiki/ITIL

  • PMI PMP

http://www.pmi.org

  • JQA(経営品質協議会)認定セルフアセッサー

http://www.jqac.com

 将来計画

 勉強した書籍と論文

書籍

  • 「テキストマイニングハンドブック」ローネン・フェルドマン他 (著), 辻井潤一 (監訳), IBM東京基礎研究所テキストマイニングハンドブック翻訳チーム (翻訳) , 東京電機大学出版局(発行)
  • "Business Dynamics: Systems Thinking and Modeling for a Complex World", John D. Sterman, McGraw-Hill
  • "Industrial Dynamics", Jay W. Forrester, Pegasus Communications
  • 「パターン識別と機械学習(上)(下)」, C.M.ビショップ, シュプリンガー・ジャパン
  • 「パターン識別」, Richard O. Duda 他, アドコム・メディア

論文


                          最終更新時間:2016年03月31日 21時58分59秒

メニュー

English/Japanese


logo

http://www.k.u-tokyo.ac.jp/gsfs/logo/jpg/LOGO_JP_75.jpg

logo

logologo

logo


キーワード