トップページ > オンデマンドバスを研究する
オンデマンドバスを研究する

ガイドライン

1.大和教授からのメッセージ

学術の融合で新領域を切り開くことが研究室の使命です。そのためには学生一人一人が確固たる分野を持つことが逆に何よりも必要な条件になります。これは自分にしかできないという分野を持つことに努力してください。
健康を維持するための習慣を若いうちから身につけてください。勉強に100パーセント打ち込める時期はきわめて短い、ということも肝に銘じてください。

2.オンデマンドバスの研究テーマについて

東京大学大学院 新領域創成科学研究科 大和研究室はオンデマンドバスの研究開発および地域展開の研究を行っております。修士課程生、博士課程生、社会人博士課程生の研究テーマ一例を以下に挙げます。

@運行計画生成アルゴリズムの高度化

これまで大和研究室で開発してきたゆとり時間と高速経路検索アルゴリズムの高度化、さらなる効率化を行うことを目的とする。具体的には以下のテーマである。

  • 予約のキャンセル、突発的な渋滞による大幅な遅延、車両の事故などによる継続運行の断念、乗継ぐ予定の電車の遅延などのように想定できない事態が発生した際に運行計画を再構成し、無駄の生じないように再設計するアルゴリズム。(ただし、予約済みの乗客に通知している到着時刻の制約は遵守する)
  • 乗客の希望をうまく調整し乗り合い効率を高める、需要量をあらかじめ推測し時間帯毎の最適な車両サイズの決定を行うなどのオンデマンドバス運行を効率的にするアルゴリズム。

A予約提案アルゴリズムの高度化

過去の利用履歴や個人に身につけたセンサーから入手した情報を分析し、個人に合った最適な予約を自動的に提案するアルゴリズムの高度化を行うことを目的とする。具体的には以下のテーマである。

  • 身の回りにあるセンサー情報と予約提案との連動。最適な時間に、つい利用したくなるような個人に適合した提案を提供するアルゴリズム(個別適合)。
  • 提案を迷惑行為と思われないように行うための仕組みの設計。つい利用したくなる提案によって実現される乗り合い効率の向上。
  • 蓄積されたログの二次利用手法の開発。都市開発に役立つ知見の取得。

B 導入設計手法の開発

新しい交通機関であるオンデマンドバスシステムのサービス設計手法の開発を目的とする。

  • 地域に導入した場合にどのような影響が起こりうるか?既存の交通システムへの影響はどの程度か?需要量の変化に従い、サービスの効率や質はどの程度変化するか?地域に導入するために最適な車両サイズは何か?といった問いに対して、適切な解を提供できるサービス設計手法の開発

【その他:オペレータゼロプロジェクト】

予約提案、高齢者専用端末など誰にでもできる予約方法を研究し、オペレータを極力抑えて運行できる仕組みを作ることを目的とする。

  • 高齢者専用端末のユーザビリティ改良、開発した予約端末を利用者に提供するために最適なメディア(媒体)は何か?

3.領域プロジェクト・卒論研究テーマ(東京大学システム創成学科)

【領域プロジェクト研究テーマ】

領域プロジェクト名称
オンデマンドバスの実用化研究
最大受入人数
2名
プロジェクトの狙い
過疎化により存続の苦しい地方公共交通の問題を解決するため、乗り合い型の予約制公共交通オンデマンドバスの開発、実証実験を行っている。高齢者にとって事前の予約が必要であることが普及への障害になっており、その解決を目指す。
プロジェクトの内容

過去の実験データを利用して、個別適合やデータマイニングによるデマンドの事前予測手法を確立する。予測精度を高めるための新たな仕組みの提案も可能である。

実施場所:本郷キャンパス 工学部3号館3階設計研究室、並びに柏キャンパス 環境棟2階274号室

プロジェクト計画
現在のシステムの理解、過去の実証実験で得られたデータの分析からはじめる。

【卒業論文研究テーマ】

卒業論文テーマ
オンデマンドバスの実用化研究
最大受入人数
2名
卒業論文の狙い
地域の都市構造により、様々なシステムのありようが考えられる。現在の我が国の都市構造は、鉄道沿いに発展し鉄道と直交する方向への展開は難しい。今後の国土の利用上、オンデマンドバスにより面的な国土の展開が必要である。そのことの量的な方法論について検討する。また、ビジネスモデルの検討や実証実験を行う。
卒業論文の内容
都市構造の分析、オンデマンドバスの導入手法の検討、実証実験実施場所:本郷キャンパス 工学部3号館3階設計研究室、並びに柏キャンパス 環境棟2階274号室
卒業論文計画
柏地区の総合的な交通システムの検討の一環としておこなう。また、実証実験では地方自治体との連携も考えられる。

4.オンデマンドバスの論文リスト

■2008年

◆Kota Tsubouchi, Kazuo Hiekata, Hiroyuki Yamato: A Research on Predicting the Operation Function for the Workflow-Based Knowledge Management Software, Proceedings of the 5th International Conference on Information Technology: New Generations ITNG 2008, Las Vegas, USA, pp. 823-828

■2007年

◆Kota TSUBOUCHI, Hiroyuki YAMATO, Kazuo HIEKATA : "A Demand Responsive Transit Service with Emphasis on Better Punctuality", Proc. the 5th International Workshop on Intelligent Transportation , Hamburg 2007.03, pp.093-098
◆Kota TSUBOUCHI, Hiroyuki YAMATO, Kazuo HIEKATA, Maytouch UDOMMAHUNTISUK : "The Development of A New Public Transportation System: On-Demand Bus", Proc. AEARU Joint Workshop-ICASS 2007, China2007 pp. 363-366
◆坪内孝太,大和裕幸,稗方和夫:オンデマンドバスシステムの実証実験による評価,運輸政策研究,vol.10 no.4,pp.011-020,2007
◆大和裕幸,坪内孝太,稗方和夫:オンデマンドバスのためのリアルタイムスケジューリングアルゴリズムとシミュレーションによるその評価,運輸政策研究,vol.10 no.4, pp.002-010,2007
◆稗方和夫, 大和裕幸, 坪内孝太:千葉県柏市オンデマンドバス実証実験におけるモビリティ・マネジメント施策について. 第二回 日本モビリティ・マネジメント会 . 2007
◆稗方和夫, 大和裕幸, 坪内孝太:過疎地域に於けるオンデマンドバスによるモビリティ・マネジメント効果. 第二回 日本モビリティ・マネジメント会議. 2007
◆大和裕幸, 稗方和夫, 坪内孝太, 中山立朗:オンデマンドバス導入による交通システムの設計手法の研究. 日本機械学会 第17回 設計工学・システム部門講演会. 2007, pp. 215-216
◆坪内孝太, 大和裕幸, 稗方和夫:過疎地における時間指定の出来るオンデマンドバスシステムの効果. 第25回日本ロボット学会学術講演会. 2007, 3C13
◆大和裕幸, 稗方和夫, 坪内孝太:濱田真彰. 個人の選好を考慮したオンデマンドバスの予約提案手法の開発. 第25回日本ロボット学会学術講演会. 2007, 3C12
◆坪内孝太:オンデマンドバスシステムの開発と実証,東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻修士論文,2007.03
◆中山立朗:経済性と環境影響を考慮したオンデマンドバスの設計手法に関する研究,東京大学工学部システム創成学科卒業論文,2007. 03
◆濱田真彰:オンデマンドバスシステムのデマンド予測手法に関する研究,東京大学工学部システム創成学科卒業論文,2007.03

■2006年

◆坪内孝太:新しいアルゴリズムによる実用的なオンデマンドバスシステムの研究,東京大学工学部システム創成学科知能社会システムコース卒業論文,2004
◆大和裕幸,稗方和夫,坪内孝太:オンデマンドバス〜公共サービスに於けるイノベーション〜,Communications of the Operations Research Society of Japan,vol.51 no.9,pp579-586,2006
◆大和裕幸,稗方和夫,坪内孝太,尾石航,山中佑治,柿沼徹也:新しいオンデマンドバスシステムについて,日本機械学会第15回交通・物流部門大会,pp149-pp152,2006.12
◆大和裕幸,稗方和夫,坪内孝太:オンデマンドバスの実用化研究,日本ロボット学会第24回学術講演会,予稿集CD-ROM,社団法人日本ロボット学会,3M25,2006
◆大和裕幸,稗方和夫,坪内孝太,山中佑治,中村康久,富樫俊文,齊藤丈仁:新しいオンデマンドバスシステムの提案と検証,画像電子学会モバイルイメージ研究会,2006.10
◆大和裕幸,稗方和夫,坪内孝太:オンデマンドバスシステム,生活支援工学系学会連合大会学会,p.6,2006.09
◆平塚順:シミュレーションによるオンデマンドバスの利便性評価,東京大学工学部システム創成学科卒業論文,2006.03
◆林大輔:新交通手段導入による経済効果の予測,東京大学工学部システム創成学科卒業論文,2006.03

■2005年

◆坪内孝太:新しいアルゴリズムによる実用的なオンデマンドバスシステムの研究,東京大学工学部システム創成学科卒業論文,2005.03