オンデマンド交通とは

このページでは東京大学が開発したオンデマンド交通システムについて説明いたします。

オンデマンド交通とは?

 オンデマンド交通とは“ドア・トゥー・ドア”サービスを実現する新しい乗り合いタクシーのサービスです。下の写真のようにタクシーのようなセダンタイプから始まり、ワゴン車タイプをうまく組み合わせてサービスを行います。

北杜市玉城柏市

 利用者は予約をしてから行います。似たような予約があれば一緒に運びます。これを、乗り合いといいます。利用者は自宅や職場から好きな場所まで好きな時間に移動できます。
システムに集まる予約を処理し、効率的な運行計画を即座に作り出します。

効率的な運行計画の図

 パソコンや携帯電話を使える人はいつでも気軽に予約をすることができます。また、地域のオペレータを通して電話で予約することも可能です。

オンデマンド交通を導入する背景

 路線バスの収支バランスにおける悪循環が深刻化し、赤字補填でも経営が成り立たず、バス業者が撤退する地域が多くあります。このような交通不便地域には十数年前から「コミュニティバス」という形で対処しているところが多くあります。
 コミュニティバスの一般的な特徴として、「路線バスよりもバス停が細かく(多密度に)設置されている」という点が挙げられます。地方自治体が主体となって行う過程で地域住民の声を聞く必要があるために必然的にこうなります。つまり、『どうしてA地区にはバスが止まって、私たちの地区には止まらないの?』『私の家の近くにもバス停を作って欲しい』という不満を逐一反映した結果です。その結果、コミュニティバスは利用者にとってとても不便な乗り物になります。なぜならば、バス停の数が増えれば増えるほど、一周あたりにかかる時間が長くなるからです。さらに、自治体の担当者の方が大変苦労をなさって、コースを設定したにも関わらず、『私の家にもバス停を!』といった細やかな不公平感は消えないという課題も残ります。
 コミュニティバスによって、路線バスの悪循環が解消されている地域はめったに類を見ず、全国の99.9%のコミュニティバスが赤字運行となっている現状です。
 このような背景の下、利用者の利便性を高めると同時に、運行にかかるコストを低くする事のできるオンデマンド交通が現在注目されています。

東大オンデマンド交通システムの仕組みと特長

東京大学大学院が開発したオンデマンド交通システムの特長は以下の5点になります。

運行管理側のメリット
・低コストのサーバ運営
・運行管理システムの充実

利用者のメリット
・ドア・トゥー・ドア
・時間を守る

◆ 低コストのサーバ運営

 まず、一番のメリットは低コストのサーバ運営です。

 従来の方式では自治体毎にサーバシステムを購入し、そのメンテナンスに多額の費用がかかっていました。一時的に国の補助金を獲得し、サーバを購入することはできますが、数年後にシステムの更新料金が支払えない、サーバ保守のサービス料金を支払えないといった継続性の問題が生じることがあります。

 現在、IT技術が進化し、世の中はクラウド・コンピューティングの時代になっております。サーバをサーバセンターで構築・管理し、自治体がサーバをもたずに運行する仕組みです。東京大学が開発したオンデマンド交通システムは、このようなクラウド・コンピューティングを取り入れております。

従来の方式とコンビニクルシステムの違い

 導入の際、自治体はサーバ購入や機器購入を行う必要はありません。複数の自治体(約100程度)でサーバを共有するため、初期コストを大幅に削減できます。また、ランニングコストも大幅に削減することができます。

◆ 運行管理システムの充実

 運行管理システムも充実しております。タクシー会社にインタビューを行い、操作性に関しても優れたソフトウェアであると自負しております。運行管理ソフトウェアは無償配布していただけますので、インターネットの繋がったパソコンをご準備いただければ何台でも増やすことが可能です。

パソコンや携帯電話の苦手な高齢者のためにオペレータを配置し、入力代行を行います。オペレータは通常スキルの方でも、十分に高い運行管理が可能です。

◆ ドア・トゥー・ドア

 東大オンデマンド交通システムはエリア内であればドア・トゥー・ドアの交通体系を提供できます。行きたいところから行きたいところまで移動できる仕組みになっています。また、乗降可能場所を限定することで「バス停」の概念を取り入れる事も可能です。

自宅のすぐそばから目的地までドア・トゥ・ドアを実現

◆ 時間を守る

 東大オンデマンド交通システムには、利用者の到着時刻を守る機能があります。たとえば、「8時30分に自宅前を出発して、9時に病院に到着する」と予約ができた場合、8時30分~8時35分に自宅まで迎えに行き、8時50分~9時の間で病院に到着する運行を保証できます。この部分だけ聞くと、利用者の望みを第一優先に聞いておいて本当に乗り合い(※複数の利用者で乗る事)が多く発生するのか?と疑問に思われる方もいらっしゃると思います。
 この点が東大オンデマンド交通システム(運行計画生成部分)の特長といえます。たとえば利用者が「9時に到着したい」という希望を入力したとします。 システムはその予約が入力された時点で乗り合いが一番多くなるように経路を作ります。すなわち、「9時に着きたい」という要望ではなく、乗り合いを優先するように経路を組みます。たとえば「8時45分到着」の予定を組むことで、乗り合いが生じて効率的になるのであれば、「9時到着は無理だけど、8時45分到着なら可能です」といった具合に利用者の希望を予約の時点でずらします。そして、利用者と約束した8時45分到着は必ず守ります。ここが、東京大学オンデマンド交通システムの一番の特長です。

◆ 時間が正確

 東大オンデマンド交通システムは、運行すればするほどより正確な移動時間を導出できるようになっています。
 オンデマンド交通システムは独自の距離表を持っています。最初の距離表は市販のカーナビソフトをベースに算出いたします。しかし、カーナビが導出する距離表では地域の実態を把握しきれません。

データベースに走ったデータが記録され、そのデータを基に正確な移動時間を算出。

 これを防止するために、学習機能を追加しています。実際の移動にかかった時間をデータベースに蓄積していき、実情にあった移動時間を算出する技術を確立しました。